06-6915-3777

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見3-12-23
ドリームネオポリス鶴見3 2階201号

まえやま歯科1まえやま歯科2まえやま歯科3まえやま歯科4 まえやま歯科5
  • HOME
  • 医師の紹介
  • 当院のご案内
  • 交通案内
  • 初診の方へ
  • リンク集
大阪市営地下鉄 今福鶴見駅 4番出口 徒歩3分

大阪市鶴見区の歯科 まえやま歯科医院|一般歯科、予防歯科、小児歯科、矯正歯科

専用駐車場完備
E PARK歯科
携帯用サイト
HOME»  矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科について

矯正歯科について

矯正治療は早く治療をスタートすれば良いわけでも、遅くスタートしても良いわけでもありません。

当院では矯正を専門にしておりますので、定期検診で虫歯のほかに歯並びも併せて診ております。症状によって、早い時期に治療をしたほうが良いケースもありますし、永久歯がある程度生え揃ってからでも遅くない場合もあります。ケース別に最適なスタート時期が変わってきますので、そのことについても相談することができます。

成人の場合でも、矯正治療は可能です。最近は、口元への美意識の高いことから審美的に改善することはもちろん、口腔内の予防的な意義から、多くの方が矯正治療を行っています。また、ご自身の引っ越し、転校などについても考える必要がありますが、当院では矯正治療を始める際に資料をいただいていますので、転勤・転校の際には転医先にお渡しすることができます。

歯並びや噛み合わせが気になる方は、是非一度お気軽に相談にきてください。


矯正治療のメリット

1.ものをしっかりと食べられます

噛み合わせが正しくなり、咬む力が強くなります。
また、歯全体で食べ物を噛むようになるので、健康的に食べることができます。

2.虫歯・歯周病にかかりにくくなります

歯並びが不揃いだと、歯磨きをしても磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。
歯並びを整えれば隅々まで歯磨きができ、虫歯や歯周病に強くなります。

3.思いっきり笑うのに気後れしません

歯並びが気になるから、と思わず笑うのをためらっていませんか?
整った歯並びで自然に笑えられれば、笑顔もいっそう輝きます。

4.顎や輪郭を整えます

噛み合わせが悪いと、片方の歯だけで物を噛んでしまいます。
そうすることで、顎のバランスはさらに悪くなってしまいます。

5.肩こりや頭痛を改善します

歯並びが悪いと全身の骨格のバランスが狂い、姿勢が悪くなります。
また、筋肉を圧迫したり負担をかけたりするので、肩こりや頭痛などの原因になります。


矯正の流れ

1.カウンセリング

カウンセリング

歯並びの状態、お悩みなどをうかがいます。
矯正治療の方法・期間・費用などについてご説明します。

2.検査・診断

検査・診断

歯・顎のレントゲン撮影を行います。
検査結果から、再度治療方法などについてご説明します。
矯正治療をされる方は顎や頭の形を見る精密なレントゲンや口腔内写真・型どりをします。

3.治療開始

治療開始

矯正装置を装着して、治療を開始します。

4.通院

通院

治療期間は、個人差がありますが2~3年です。
その間1ヶ月に一度通院して頂き、矯正の進み具合の確認・装置の調整などを行います。

5.保定期間

矯正歯科

矯正装置を外して、歯並びが元に戻るのを防ぐ装置(リテーナー)による治療を開始します。

6.治療終了


不正咬合の種類

歯並びや噛み合わせが悪いことを不正咬合と言います。

1.叢生

叢生

歯並びがでこぼしている状態のことです。
「乱ぐい歯」「八重歯」とも言われています。

 

2.上顎前突

上顎前突

上顎の前歯が、通常よりも前に出すぎている状態のことです。
いわゆる「出っ歯」のことです。

 

3.下顎前突(反対咬合)

下顎前突(反対咬合)

下顎の歯が、上顎の歯よりも前に出ている状態のことです。
いわゆる「受け口」のことです。

 

4.過蓋咬合

過蓋咬合

上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態のことです。

 

5.空隙歯列弓

空隙歯列弓

歯と歯の間に隙間がある状態のことです。
いわゆる「すきっ歯」のことです。

 

6.開咬

開咬

歯を噛み合わせた時、前歯が噛みあわずに隙間ができる状態のことです。

 

こどもの矯正治療

■歯並びが悪いと

  • 歯磨きで磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすい。
  • 噛み合わせが整っていないため、食べ物が噛みにくくなる。
  • 悪い顎のバランスが全身の骨格を歪め、姿勢が悪くなったり肩こりなどの原因となる。
  • 悪い歯並びがコンプレックスとなる。

■小児矯正のメリット(こどもの頃から歯並びを整えるメリット)

  • 永久歯が正しい位置に生えるように誘導する。
  • 顎の成長を促すことで、抜歯の可能性を減らすことができる。
  • 虫歯になりにくくなる。
  • コンプレックスの解消。

■矯正治療を始める時期

  • 矯正治療を始める時期には個人差がありますが、永久歯が生えそろう前に行うのが最適です。
  • こどもの矯正治療には「第一期治療」と「第二期治療」に分かれます。
  • 第一期:永久歯に生え変わるまでの治療、骨格のバランスを整えたり顎の成長を促すなどして、永久歯が正しく生える土台を作る。この時期に治療をすると将来的に永久歯の抜歯をしなくていい可能性があがります。
  • 第二期:永久歯が生えそろってからブラケット(矯正装置)を歯に取り付けて、歯を動かします。

■矯正治療中の注意事項

  • 歯や矯正装置にくっつく食べ物は、なるべく食べないようにしましょう。
  • 激しくぶつかるスポーツは口の中を切ることがあるので注意しましょう。
  • 矯正装置があるため歯磨きしにくくなりますが、時間をかけて丁寧に磨くようにしましょう。

Q&A

 
Q1
治療はどうやって行うのですか?
A
みなさんが良くご存知の金属の金具はもちろんですが、それ以外に、取り外し式の装置など様々な装置があります。 矯正の処置は月1回位のペースで調整を加えていきます。
Q2
矯正治療は痛くないのですか?
A
痛みというのは個人差がありますが、歯を動かすために弱い力を加えますので、数日間歯が浮いたような痛みがあるという方が多いです。ただし、これは正常な反応ですのでご心配いりません。
Q3
治療はいつ始めれば良いのですか?
A
歯並びの状態によって、かなり変わってきますので一概には答えられません。 気がついたら早めにご相談ください。 それぞれの患者さまにベストな治療時期に治療を行います。
Q4
大人でも治療できますか?
A
大人でも治療可能です。 当院では、お子さまはもちろんのこと、かなりお年を召された方も矯正治療を受けておられます。
Q5
虫歯になりやすいでしょうか?
A
やはり何もない状態の歯に比べて、装置が付いている歯は汚れがたまりやすい分、虫歯になるリスクは高くなります。当センターではドクターや歯科衛生士が綿密にチェックを加えてきちんと磨けるように指導させていただきますが、毎日の家での歯磨きが重要になってきます。
Q6
費用はいくら位かかりますか?
A
矯正治療を受ける年齢や歯並びの状態によって装置や治療にかかる期間が異なりますので、一概には言えません。当院ではハイレベルな治療を、できる限り安い費用でご提供いたします。
Q7
子供が矯正治療をいやがったときには、どうすればいいの?
A
治療を本人が自覚し協力的になるまで待ちましょう。 しかし、治療をすることで永久歯を抜く可能性をかなり低くすることが可能です。
Q7
治療中に気を付けなければいけないことは?
A
矯正装置が入ると、装置にプラークがつきやすくなるので今まで以上のブラッシングをする ・装置が壊れやすい食事をさける ・治療の予約日や時間を守る などに気をつけましょう。
Q7
食事は普通に食べられるの?
A
だいたいの食べ物は普通に食べられますが注意が必要な食べ物、食べられない物もあります。 ・食べ方に注意 りんご、梨、セロリ、にんじんなどの丸かじり(このような食べ物は薄く、または細く切ってから食べる。 ・食べられないもの 硬いもの(硬い肉、するめ、厚いおせんべい、氷のまるかじり)、ねばり気のあるもの(キャラメル、餅、大学いも)

PAGE TOP