06-6915-3777

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見3-12-23
ドリームネオポリス鶴見3 2階201号

まえやま歯科1まえやま歯科2まえやま歯科3まえやま歯科4 まえやま歯科5
  • HOME
  • 医師の紹介
  • 当院のご案内
  • 交通案内
  • 初診の方へ
  • リンク集
大阪市営地下鉄 今福鶴見駅 4番出口 徒歩3分

大阪市鶴見区の歯科 まえやま歯科医院|一般歯科、予防歯科、小児歯科、矯正歯科

専用駐車場完備
E PARK歯科
携帯用サイト
HOME»  一般歯科

一般歯科

一般歯科について

一般歯科

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。その健康な歯を維持するには、口腔内の環境を良い状態で保つ事が大事です。大人の虫歯の場合、早期発見・早期治療が大事です。

当院におきましては、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針で治療を行っております。そのためにも、早めに治療にいらしてください。また虫歯になってからの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期検診を受けて頂くことが、一番の虫歯予防になります。予防歯科という概念と正しいブラッシング方法や知識を持って頂くことが大事だと考えております。


虫歯について

歯の代表的な病気は、なんと言っても虫歯です。虫歯は初期段階では痛みがなく、見た目にもわかりづらいため発見が遅くなりがちです。そのまま放置すると自然に治ることはありません。少しずつ進行していきますので、早期の発見と治療および予防処置がとても重要です。

虫歯の原因

虫歯は、感染症のひとつです。つまり、お口の中にいる細菌が原因で虫歯になるのです。お口の細菌は糖分を栄養として増えていき、ネバネバとした物質(歯垢)を作り出します。そして、歯垢の中で糖分を分解して作られる酸が歯を溶かしていき、虫歯になります。虫歯は、C0~C4までの5段階のレベルに分けられています。

C0

C0

初期段階で、歯の表面(エナメル質)が少し溶けはじめて、表面が良く見ると白濁が見られたり、噛み合わせの溝の部分が茶色くなっていたりします。痛みなどの自覚症状はありません。この段階では、適切なブラッシングやフィッシャーシーラント(歯の溝を予防的につめる処置)やフッ素塗布などで治療します。

 

C1

C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、 虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

 

C2

C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

 

C3

C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ることにより歯がもろくなってしまいます。

 

C4

C4

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症をもって腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

 

歯周病について

歯周病について

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変のことで、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。初期の段階では、痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。最近の研究によると、歯周病原因菌は歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯ぐきから出血や膿が出たりします。歯ぐきがやせて下がってくることで、根面露出し知覚過敏も強くなります。支えている歯槽骨が少なくなるので、歯がぐらついてきたりします。口臭もきつくなってきます。

歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。


歯周病の進行

歯肉炎

歯肉炎

プラークや歯石が原因で歯肉に炎症を起こします。
歯茎が赤みをおび、歯磨き時に出血しやすくなります。

 

軽度歯周病

軽度歯周病

歯槽骨が歯根の長さの3分の1まで消失してしまったものです。
歯ぐきの炎症が進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶け始めます。

 

中度歯周病

中度歯周病

歯槽骨が歯根の長さの3分の1~2分の1まで消失したものです。
口臭も徐々にひどくなり、歯がぐらぐら動くようになります。

 

重度歯周病

重度歯周病

歯槽骨がほとんど破壊され、歯が大きく動揺します。
ここまで進行してしまうと抜歯しなくてはなりません。

 

入れ歯について

歯周病について

「食べ物が食べられない」
「きちんと喋られない」
「食いしばれないから、力が出ない」
など、様々な理由から、入れ歯を入れられる方がいらっしゃいます。
しかしながら、入れ歯を入れたものの「どうも満足できない。」とお思いの方も多いのではないでしょうか?
保険診療で作られる一般的な入れ歯は、使用できる素材に限界があるため、細かい点で満足の行く物という訳にはいきません。
そんな不満を解消するため、特殊な素材や最先端の技術を駆使して作製した入れ歯を取り扱っています。
「固い食べ物もしっかりと噛みたい」「ぴったりとフィットする入れ歯にしたい」「入れ歯を入れてると気付かれたくない」「もっと軽くて薄いように」など、ご希望に合わせてご提案させて頂きます。


Q&A

Q1
入れ歯の種類にはどんなものがありますか?
A
入れ歯には様々な種類があります。大きく分けると、本体が樹脂(レジン等)だけのものと、一部金属を使ったものに分けられます。
また、インプラント(チタン製の人工歯根)を維持とした入れ歯やマグネット(磁石)を維持とした入れ歯もあります。
入れ歯をお考えの場合、事前に医師と相談し選ぶことをおすすめします。
Q2
入れ歯は目立ちますか?
A
多少は義歯と分かる面もありますが、弾性樹脂義歯(ノンクラスプデンチャー)など金属部分が見えない義歯もあります。詳しくは医師までご相談下さい。
Q3
入れ歯を長持ちさせる方法はありますか?
A
まず定期的に検診を受けることが長持ちの秘訣です。就寝時は取り外し、水の中に入れて保存して下さい。乾燥すると変形するおそれがあります。
また、入れ歯は高温に弱いです。入浴などは特に問題ありませんが、サウナ等を利用される場合は入れ歯を取り外すことをおすすめします。

PAGE TOP